« 販売実習~♪ | トップページ | ふっはっはっ »

2007.10.18

マラウィ報告

マラウィのエイズ孤児を支援している吉商本舗
今回文化祭で支援の様子を展示します
マラウィの尾崎さんの後を引き継いだ新協力隊員田中さんから
報告が来ましたので紹介します

Img_0203


***********************************************************
吉原商業高等学校のブレスレット売上金や長野県・岐阜県の
児童からの寄付金を得て建てられたHTCセンターがオープンして
HTCサービスを開始して3ヶ月が立ちました。
10月10日までにHTCセンターを訪れた村人の数1136人。
45人がHIVポジティブだということが確認されました。
今ではHTCセンターもすっかりルウェレジに定着してきたように感じます。
ルウェレジの人口がおよそ18000人、そのうちの1136名がすでに
HTCセンターを訪れているという状況であるということから
ルウェレジ内でのHTCセンタ一の重要性をあらためて考えさせられます。
一日の平均クライアント数はおよそ20名。現在HTCセンターに
在籍している2名のカウンセラーも大変意欲的です。
このHTCセンターをより知ってもらうため、そしてルウェレジ
中心地から遠く離れた村の人たちのために、9月から訪問HTCサービス、
モバイルHTCを始めました。毎週水曜日に自転車で村を訪れるのですが、
およそ2時間かかる村に行く途中何度も何度も自転車のチェーンが取れたり、
パンクしたりとトラブルに見舞われることも多く、約束の時間を大幅にすぎて
到着することも多々あります。それでも多くの村人は帰らずにカウンセラー達
を待ち続けていてくれており村人たちの期待も十分に感じる次第です。

8月からルウェレジヘルスセンターでのARVの投与ができるようになりました。
これはムジンパ県にあるヘルスセンター内でははじめてのことです。
現在まではARV内服者は常におよそ100キロはなれたムジンバ県病院に
薬をとりにいかなければなりませんでした。そのため交通費などの問題が
いつも課題としてあげられていた。さらにヘルスセンターとHTCセンターの
連携もいまの所順調にとれてきています。ヘルスセンターとHTCセンターは
隣接されているので、もしHTCセンターでポジティブだと確認されたなら、
すぐに病院にいき診察をうけることができます。また検査キッドも
ヘルスセンターのアンベランスを使用しムジンバ病院から
輸送してもらうようになりました。その結果検査キッドの
確保も継続的にできるようになっています。

|

« 販売実習~♪ | トップページ | ふっはっはっ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マラウィ報告:

« 販売実習~♪ | トップページ | ふっはっはっ »